料理大好きママの育児日記 |

デイキャンプでも楽しめる!実は奥深い焚き火に挑戦しよう!

キャンプで鉄板の「焚火」。

一度やってみると、火が付いた時の興奮や、炎を眺めて気持ちが落ち着いたり・・・と、絶対に毎回やって見たくなってしまいます。

慣れないうちは難しそうな火おこしですが、コツさえつかめば大丈夫です!

キャンプ場での焚き火は?

直火OKなキャンプ場もありますが、焚き火台でなければダメな所が殆ど。

それほど高価でなくとも大丈夫なので、アウトドア必須の焚き火台を是非、購入予定に入れてみましょう。

上手に火をつけるには?

簡単そうで、意外に難しい焚き火の着火。
着火剤だけで大丈夫なんて甘いです!

着火は慣れと経験がモノを言います。

男性なら是非コツを覚えて、スマートに着火できるところを見せたいですね。

まずは周辺を見回して、乾いた小枝をたくさん集めましょう。

子供さんと一緒なら、たきぎ集めは楽しいですよ!

次に、高さ10センチほどに破った新聞紙をロールケーキのようにクルクル巻いたものを、焚き火台の中央に置きます。

そのロールケーキを土台にするように、小枝の山を作ります。

そこに更に細身の薪で囲うように山を作り、最後に太い薪数本で山を完成させます。

大切なのは、ぎっしりさせずにやんわりと、空気を含むように作ること!

そして、チャッカマンなどで新聞紙ロールケーキに点火します。

あとはうちわで扇いで風を山の中へと送り、着実に小枝に燃え移るまで頑張ります。

着火の裏?技

自信のない初心者さんは、新聞紙ロールケーキを置いたら、サラダ油をトポトポ上からかけておくと、着火剤代わりになります。

灯油でもいいのですが、この後料理もしたいなら、味が移ってしまうのでサラダ油をお勧めします。

また火に勢いがないと、太い薪まで到達せずに消えてしまうので、小枝を時々足したり、うちわで扇いだりして、しっかり燃え上がるまで面倒を見てあげることを忘れずに。

焚き火で簡単料理!

ここでは、焼きじゃがと焼きリンゴの二つをご紹介。

まず、濡れた新聞紙でじゃがいもを包んで、アルミホイルで更に包み火の中へ。

これだけ。

じっくりと時間をかけて焼いたら、塩やバターで。

ホクホクしてとっても美味しいですよ!

リンゴは芯をくり抜いたらアルミホイルにのせ、くり抜いた穴にお砂糖とバターを入れて包み、火の中へ。

長めに焼くとしっとりした味になります。

最後に

揺れる炎は癒し効果大。

暖がとれてお料理もできる、準備さえ楽しい焚き火。

くれぐれも火の始末だけは気をつけて、素敵な焚き火を楽しんでみて下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする