違う用途で使ってた折畳めるクッションが役に立った! | 料理大好きママの育児日記

違う用途で使ってた折畳めるクッションが役に立った!

折畳める薄いタイプのクッションを知ってますか?

私が持っているものは広げると正方形で折り畳むと長方形になるタイプなんですが、トートバックの底の部分に折り畳んだ状態で荷物の衝撃を抑えるために入れていました。

カメラやタブレットを直に入れていたので、床に置いた時や鞄を落としてしまった時に心配だったんです。

そんないつもは私のバックの中で荷物の下敷きな存在のクッションが人の役に立ったお話を紹介します。

その日はいつも通りバックの中に荷物と底にクッションを入れた状態で持ち歩いていました。

風景写真を撮ろうと公園に行くと天気が良かった事もあって沢山の人々がお散歩やピクニックに来ていました。

公園の中を歩いていると、お婆さんが芝生の上に座り込んでいたんです。

顔色は良さそうだったんですが、何となく心配になり、話しかけてみたら腰を痛めてしまって動けないで助けも呼べずに座り込んでしまったみたいで、周りに沢山の人がいるのにも関わらず声を掛けられない程の痛みなのかと心配になりましたが、どうやら家族の人に電話をしたらしく迎えが来るのを待っていたんです。

話しかけたのは何かの縁だと思い私はお婆さんの隣に座って一緒に待つ事にしたんです。

荷物を芝生に置いた時にクッションの弾力に気付き、慌てて鞄からクッションを出しました。

購入してから初めてクッションとして使う時が来たのだと思いました。

お婆さんにそっと差し出すと驚かれました、普通クッションなんて持ち歩かない物を私がバックから出した事に笑いながらもお婆さんはクッションを使ってくれました。

30分ほどで家族の人が迎えに来てお婆さんは別れ際に、「私もクッション持ち歩く事にするわ」と言ってました。

私はクッションとして使っていたわけではなかったのにクッションとしての大切さを改めて感じました。

人によって用途は様々ですが、やはり座って使ってもらえた時の嬉しさは二度と忘れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする