春、子供と一緒のアウトドアでの寒さ対策について | 料理大好きママの育児日記

春、子供と一緒のアウトドアでの寒さ対策について

季節が良くなるとアウトドアに行きたくなりますよね。そこで注目は春先のキャンプ。

気持ち良い季節だからと言って忘れてはならないのが寒さ対策。

そんな春先のキャンプに行く時の寒さ対策についてご紹介しましょう。

行き先の気温の変化を知る

季節が良くなると景色や空気の良いところでキャンプがしたくなります。

高原や川べり、湖など景色を楽しみながら自然の中で楽しみたいものです。

でも高原や川べり、湖などの気温の変化は街中に比べると寒暖差がとても激しいのです。

そのため「温かいから」といって油断は禁物です。特に子供連れの場合気温の変化によって体調を壊してしまいます。

そこで、まだ、季節が安定していない春先のアウトドアは事前に行き先の気温変化の1週間の推移を調べておくことです。

また、子供連れのキャンプは設備のあるキャンプ場でする事をお奨めします。

もし、急激な気温の変化や天気の変化があってもキャンプ場だとそれに備えた施設も用意されたり、毛布などの寒さ対策のものも貸出してくれるのです。

厚手の羽織物を持参する

春のアウトドアで注意しなくてはいけないのは着るものです。

ダウンジャケットや防寒着など厚手の羽織物は必ず持参することをお奨めします。

また、何枚も重ね着できるような服を用意しましょう。

例えば、、昼間はTシャツ、肌寒い時のパーカー、トレーナー、寝る時のフリース、寒くなった時の厚手の羽織物という風に対応できるよう何枚も厚さの違った服を持って行くのがお奨めです。

毛布は絶対

春のアウトドアで夜寝るときは必ず寝袋と毛布を持参することです。

子供は寝ている時寝袋だと暑がりいつの間にか飛び出してしまいます。
毛布を持って行って調節することがお奨めです。

温かいメニューを取り入れる

春先だから温かい食べ物は要らない!そんな風に思うかもしれませんが、春のアウトドアではまだまだ寒いことも多々あります。

夜や朝方は体が冷えてしまいます。

体を温める意味でも前日にカレーやスープを作っておくか、レトルトや粉末スープ、カップめんなどを持参しておくと良いでしょう。

いかがでしたか?

春先のアウトドアですが特に子供が一緒の場合は注意が必要ですね。

自然は変わりやすい為事前に準備することが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする